光明学園 相模原高等学校 100周年記念

100年の歩み

未来へはばたく光明の教育 受け継がれた伝統を次なる高みへ

歴史を映した光明学園の写真
歴史を映した光明学園の写真
歴史を映した光明学園の写真

光明学園は、時宗大本山当麻山無量光寺の第61世法主山崎弁栄聖者により、“社会に貢献し得る人材の育成”を目的として大正8年に創立され、平成31年に栄えある100周年を迎えます。

当時、わずか20数名の学の志を抱く若人が無量光寺の庫裏の一隅に集う、まさに‘寺子屋’として発足し、現在では1,500名になんなんとする多くの生徒が学ぶ伝統ある学園に発展いたしました。100年の道のりは決して平坦ではなく幾多の苦難に直面しましたが、その都度、母体である無量光寺や地域の皆様、学園に縁のある多くの方々の支えとご尽力により、これを克服し、伝統を受け継ぎながら成長を遂げてまいりました。

100周年という大きな節目を迎えるこの時を捉え、学園にかかわってこられた全ての皆様に感謝と敬意をもってこれまでの歩みを振り返り、ともに祝い、学園の更なる発展に繋がる転機といたしたいと考えています。

これからも、弁栄聖者の教えである「全てに智慧と慈悲をもって一生懸命やる」を基本に捉え、明るく幸せな社会の実現に向かってたゆまない努力を続ける人間を育み、建学の精神を守り伝えます。学園の名称の由来である「一人ひとりが光り輝くことによって、みんなを明るく照らすことができる」という理念を改めて心に刻み、学ぶ生徒一人ひとりの個性や特長を伸ばす光明学園故の人間教育に強い信念を持って邁進したいと考えています。

創立から今に至るまで、途切れることなく脈々と連なる人と人との絆やご縁を宝に、ここを起点として次の100年に向けた新たな歴史を刻みます。

歴史を映した光明学園の写真
歴史を映した光明学園の写真
歴史を映した光明学園の写真