【民俗文化研究部】クラブ活動(文化部)

校外研修2

民俗文化研究部 2019.08.27

2019年8月2日 国立歴史民俗博物館・塚本美術館・佐倉市立美術館
1.国立歴史民俗博物館は、第1展示室(先史・古代)がリニューアルされ、見学者にとっては変更前より理解し易く工夫された展示になっていると思います。第4展示室(民俗)及び第5展示室(近代)、第6展示室(現代)は、民俗学を理解するためには、とても貴重な展示になっていると思います。ただ、展示内容も多岐に渡るためどの分野について調べるか、決める必要があると思います。生徒達にとっては、貴重な体験になったと思います。
2.塚本美術館は、刀剣展示専門の美術館です。ただ、展示数が少ないのが、残念でした。
3.佐倉市立美術館は、リニューアルの為か展示がなく見学ができませんでした。

ページの先頭へ

民族文化研究部 校外研修1

民俗文化研究部 2019.06.21

2019年6月16日 カメラ博物館・半蔵門ミュージアム及び皇居周辺
≪カメラ博物館≫
日本のカメラの発展史を系統的に常設展示されています。
日本のカメラメーカーの協力を得て設立された財団法人日本写真機検査協会は、輸出されるカメラの検査を行いながら、1969年から日本の歴史的カメラを認定し、保存する仕事も行っていた。貴重な資料も豊富にそろっていたため、これらをできるだけ多くの方に公開し、カメラ研究の一助に、また、カメラを理解 する手助けに、という趣旨で設立された。
日本で初めてつくられたカメラから最新のカメラまで、また、特殊カメラ、軍事用カメラ等も多くの機種が展示されており、生徒達身につける特殊カメラに興味・関心をもったようで、真剣に説明を聞いていた。
≪半蔵門ミュージアム≫
真如苑が所蔵する仏教美術品を公開している。
展示品は、運慶作と推定される大日如来坐像があり、360°全てを見るようになっている。また、ガンダーラの仏伝図浮彫り、曼荼羅等が展示されており、心和む空間が創られていました。映像鑑賞には、シアターがあり、音響設備も充実した空間にて心落ち着かせて観ることができました。特別展(企画展)として、宗像志功の版画が展示されていました。

ページの先頭へ

民俗文化研究部をよろしくお願いします!

民俗文化研究部 2016.07.14

民俗とは地方、時代によって独特の特徴を持っている民間の生活様式や風俗(衣食住の仕方や行事)などをいいます。いわば各地、各時代の文化です。それに触れることにより、現在の生活の意義を理解し、人間の営みの根底にある普遍的な精神を感じ、探求することが活動の目的です。
校内では文化遺産等の模型製作や文献を通して学び、校外合宿では実際に現地で見聞し、その成果を文化祭などで発表しています。
昨年の校外合宿では、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館、埼玉県行田市の埼玉古墳群を見学したほか、相模原市内の「だいだらぼっち」伝説を調べました。

ページの先頭へ


ピックアップ

クラブ活動実績
進学実績
学校説明会
在校生・保護者の方へ
光明学園100周年記念
パンフレット2020
光友会
事務局よりお知らせ
採用情報